職員の新型コロナウイルス感染の報告と対応について(収束報告)

 日頃より当法人の運営に対しましてご理解・ご協力をいただき、心より感謝申し上げます。

 さて、9月9日に当法人が運営するグループホームにおいて職員1名が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性と判定されました。保健所の指示のもと、勤務時間帯に接触のあった利用者5名と職員1名について、濃厚接触者には該当しませんでしたが、接触者として10日にPCR検査を実施したところ6名全員の陰性が確認されました。

 その後も新たな陽性者は発生せず、当該職員も28日のPCR検査で陰性となり業務に復帰しております。

 このたびの感染者発生により、利用者の皆様、ご家族の皆様、関係者の皆様に多大なるご心配をおかけいたしました。今後も感染者や接触者となった方々、及びそのご家族の安全を支えるため、可能な限りの対応をしていく所存です。
 感染された方などに対する不当な扱いや嫌がらせ、差別、偏見につながることがないよう、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

 当法人では、利用者の皆様およびご家族の皆様、職員、関係者の方々の健康と安全を最優先に考え、今後も随時、情報をお伝えしてまいります。今後ともご理解、ご協力を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

このページの先頭へ